メラログ
美容×ボルダリング雑記ブログ
海外通販

【リピート】cultBEAUTY(カルトビューティ)でおすすめのコスメ

cult BEAUTY(カルトビューティ)にはいろいろな海外ブランドが販売されていますが、
たくさんありすぎて目移りしてしまいますよね。
ということで今回は、私のおすすめブランドを紹介しようと思います。いくつかのブランドはリピート買いするほどお気に入りです。
買い物をするときのお役に立てば幸いです!

OLAPLEX


オラプレックスは「染めて死んでしまった」髪におすすめのヘアケアブランド
知る人ぞ知るサロン専売品、オラプレックス。まじで髪の質を変える革新的なトリートメントです。

これまでサロンでしか使用できなかった製品なのですが、家でも使用できるようになりました。特許を取得した有効成分が分子レベルで作用し、化学的、熱的、機械的なダメージによって引き起こされる髪の毛の切れた結合を探し出して修復し、ダメージを受けた髪の毛を元の輝きを取り戻します。実際に使用した記事はこちら。↓

【特許成分配合】髪の修復ができるOLAPLEXのヘアトリートメントNo.3

THE ORDINARY

created by Rinker
The Ordinary
¥1,200
(2020/10/21 11:37:03時点 Amazon調べ-詳細)

不要なパッケージや余計な成分を取り除いた「the ordinaryザ・オーディナリー」は、高機能で優れた製品を、目を見張るほどリーズナブルな価格で提供しています。日本未入荷ですが、CULT beautyなら購入することが出来ます。実はアマゾンで買うのとそんなに値段も変わらないのですが、一つ1,000円ほどで買えるので、送料の調整に購入しています。CULT beautyで注文するときは必ず一つここの商品を買っている気がします。

【The ordinary】レチノールより効果大!レチノイド乳液使用感レビュー【シワに効く】

【大学の研究まとめ】ナイアシンアミドの効果について解説【シワが消えた】

HUDA BEAUTY

数々の賞を受賞した美容ブロガーのHuda Kattanがプロデュースしているコスメ。
パレット・リキッドルージュ・アイライナーなど、発色がよくラメが最高にかわいい色物コスメが人気!CULT beautyではファンデーションが特に人気で、常に売り上げ上位TOP10にはいっています。Amazonだと8,900円ほどかかるのですが、カルトビューティーなら4,000円ほどで購入が出来るのがうれしい。

Hourglassのアイグリッター

ガラスのような透明感のある商品で有名なアワーグラス。つやつやの質感になるアイグリッター、チーク、ブロンザーなど光を使った商品が特におすすめです。

IT COSMETICS


こちらも日本未発売ですが、海外ではすでに話題になっているブランドで、敏感肌を大切にしながらも、赤みを中和してくれるノンケミカルなのにフルカバーできるベースメイクが人気です。
CCクリームとアイコンシーラーのコレクションはカルトビューティサイト内で星5つを獲得しました。日焼け止め効果もSPF50と高いので、そばかすや肌の赤みが気になるという方はおすすめです。

CHRISTIAN LOUBOUTIN BEAUTY(クリスチャン ルブタン ビューティー)

created by Rinker
クリスチャン ルブタン
¥11,582
(2020/10/22 04:53:50時点 Amazon調べ-詳細)

美しいヒールで有名なクリスチャンルブタンのコスメライン。靴並みに化粧品も高いんですが、リップグロスがかわいくて機能性が高いのでお勧めです。こちらも日本で購入した場合は12,000円ほど、カルトビューティーだと7,000円ほどで買うことが出来ます。

カルトビューティで人気の商品TOP10

カルトビューティはただの通販だけでなく、美容についてのブログも更新しています。
気になるメイクのピックアップ記事や、成分の紹介、そして売れ筋商品TOP10もサイト内で確認することが出来ます。
リンクはこちら。https://www.cultbeauty.co.uk/cult-beauty-top-10.html

どれがいいのかわからない!という場合はこちらで人気の商品を参考にしてみるのも手です。さらにこちらから会員登録をすると、初回限定で50ポンド以上の購入で10ポンドの割引がされるクーポンが発行されます。

ABOUT ME
merah
merah
長野の山々に囲まれて生まれ育った山ガール。 ボルダリング歴10年(途中ブランクアリ) 肌断食歴4年、 筋トレ歴5年 大好きなミネラルコスメのこと(主にリリーロロが大好き)、 ボルダリングのことをサイトで発信していきたいと思います。 現在在住のジャカルタの情報サイトはこちら。